下田のおすすめカフェ「邪宗門」は昭和にタイムスリップできる喫茶店

国内旅行
スポンサーリンク

下田のペリーロード付近にはオシャレなカフェが目白押し。
その中でも歴史を感じる趣ある喫茶店「邪宗門」について紹介します。

「邪宗門 下田店」の場所と店内の様子

なまこ壁が目を引く「邪宗門 下田店」は昭和41年開業と歴史のあるお店。


伊豆急下田駅から5,6分。ペリーロードのすぐそばに位置しています。

年代物の送信機やミシン、骨董品が置かれ重厚感が漂っています。

名物のウインナーコーヒー

たっぷりの生クリームは冷たくて甘い。

飲み進めるとほろにがのコーヒーが舌に当たります。
苦味と甘さが口の中でハーモニーを奏でるのを感じていると、不意にシャリシャリのコーヒーシュガーが紛れ込み小さく驚く。

コーヒーと一緒に置かれた紙には北原白秋の邪宗門の詩が。


1杯のコーヒーから文学の世界が広がって行くような濃密な時間が過ごせます。

詩の紙は記念に持って帰ってふと裏を見たら「ウインナーコーヒー 600」の文字。
伝票だったみたいです。
どうりでレジで「伝票ありませんでしたか?」と言われた訳だ。
恥ずかしい。

邪宗門はチェーン店?

実は「邪宗門」という名前のお店は全国に6店あります。
現在あるのは下田・世田谷・荻窪・石打・小田原・高岡。
もともとは聖蹟桜ヶ丘と国立にもあったようです。
チェーン店というわけではないそうですが、どこも同じようにちょっと怪しげで個性的な喫茶店。
下田のお店もとてもよかったので、いつか全店舗行ってみたい。

お店の情報

邪宗門 下田店
静岡県下田市一丁目11−19

0558-22-3582

コメント