池袋のお寺カフェ「ぼうず’n coffee」は本物の癒し処

カフェ
スポンサーリンク

池袋にたまにしか営業しないお寺カフェがあると聞いて行ってきました。
そこはお寺ならではの落ち着いた雰囲気で緑の庭園が見渡せる癒しの空間でした。

祥雲寺にある「ぼうず’n coffee」

カフェは要町駅から徒歩2分の祥雲寺の中にありました。

池袋駅からも歩いて10~15分くらいの場所です。
行ってみると看板が出ていました。

営業日・営業時間

こちらのカフェはお寺のお仕事の合間をぬっての営業となるため、不定期での開店になっています。
この週は金曜日の1日のみ、12:00~18:00の営業でした。
いつオープンするかはFacebookでお知らせしているので、お店の名前で検索してチェックしてみてください。

待ち時間

カフェが併設されているのではなく、普段はお寺の行事が行われているお部屋がカフェになります。
靴を脱いであがったら、行列ができていました。
椅子があり座って待てるので助かりますが、この日は10人ほどの人が待っていました。
平日でこの人数とはすごい。

お庭を見ながら待てるので、待ち時間の間から癒しの時間が始まったようで苦ではありませんでしたが、30分弱の待ちでした。

メニュー

エスプレッソ、カフェラテ、カフェモカなどのコーヒーメニューのほか、抹茶、梅こぶ茶もありました。
甘いものはどら焼きや串だんごなど和菓子が数種類。

どら焼きホイップと抹茶を注文。
入り口のところで会計を済ませて番号札をもらってからカフェスペースへ。

店内の様子

お庭の見える書院のテーブル席とテラス席がありました。

書院はこんな感じ。


目に飛び込んでくる緑が鮮やか。


縁側にも座布団を敷いて座れるようですが混んでいたのでテーブル席へ座りました。

テラス席は少し寒そうですが、イチョウが見れる特等席です。

抹茶とどら焼きホイップ

15分ほど待ったところでお坊さんが注文した品物を運んできてくれました。


和の空間には和菓子と抹茶も合いますが、もともとバリスタの方がやっていてラテアートも書いてもらえるみたいで気になります。

紅葉が楽しみ

滞在時間は3,40分でしたが心が落ち着いてリフレッシュできました。
庭の木々が紅葉したら更にきれいなんだろうな~。
その頃また訪れたいなと思っています。

お店の情報

ぼうず’n coffee
東京都豊島区池袋3丁目1−6
03-3984-2408

コメント