【銀座】セントル ザ ベーカリーで朝から並んで絶品食パンモーニング

パン
スポンサーリンク


食パン専門店 セントル ザ ベーカリー(CENTRE THE BAKERY)

銀座一丁目駅または有楽町駅から歩いて3分ほどの場所にある「セントル ザ ベーカリー」

高級食パンとして大人気のお店です。
食パンのテイクアウトとカフェ利用ができますが、今回はカフェでモーニングへ行ってきました。

待ち時間と予約

開店前から行列ができていました。
カフェとテイクアウトは列が違うので要注意です。
日曜日のこの日、オープン30分前に並んで5,6組目でした。
カフェのほうが若干列は短いようです。

なおカフェは予約が可能。
休日は2週間前には席が埋まってしまうそうなので、あらかじめ行く日を決めたら予約が便利。

10時に開店し1回転目に入店。
1人だったので大きな相席のできるテーブルに案内されました。
天井が高くてオープンな雰囲気です。

メニュー

フレンチトーストやクロックムッシュは11時からになります。

自分好みのトースターを選ぶ

注文したのは食パン3種の食べ比べ+バター3種のセット。
注文を終えたら自分でトースターを取りに行くのがこの店の面白いところ。

デロンギが多く他にも何種類かありますが、どれがいいのかよくわからなかったので、残り1台になっていたイングランドのラッセルホブスにしました。

パンの水分を中に閉じ込めてふんわり仕上がるそうです。

トースターを自席に持って帰って待っていたらお店の方が電源をセットしてくれました。

食パンが登場

15分くらいで食パン3種の食べ比べ+バター3種のセットが運ばれてきました。

右:国産小麦を使用した角食パン→焼かずにそのままがオススメだそう
中:北米産小麦のプルマン→焼いてもそのままでも
左:イギリス食パン→しっかりカリカリに焼くのがオススメ

バターも3種類

上:フランス産エシレバター
中:自社牧場美瑛ファーム産
下:国産メーカー

味わい方いろいろ

焼いてそのままで食べたり、焼かずにバターを塗ったり、いろんな組み合わせを楽しめます。

圧倒的においしかったのが、国産小麦の角食パンを焼かずにバターもつけずそのまま食べた時。

焼くのもバターをつけるのももったいないくらい、ふっくらしてほのかに甘く風味豊かな味でした。

角食パンはぜひとも持って帰りたかったけど、これからテイクアウトの列に並ぶのは面倒だったのでまた次回の楽しみに取っておきます。

お店の情報

セントル ザ ベーカリー(CENTRE THE BAKERY)
東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル
03-3562-1016

 

コメント